本文へスキップ

PMS(月経前症候群)の原因を知ろう

PMS(月経前症候群)の原因とは?

PMS(月経前症候群)の原因

イライラなどの精神的な症状や疲労感、むくみ、頭痛といった身体的な症状が毎月の生理や生理の前になると起こるのがPMSと呼ばれる月経前症候群の症状です。

PMSが起こる原因には女性ホルモンの乱れが大きく関係していると言われています。ただし、女性ホルモンの乱れだけがPMSを引き起こしているのではありません。
月経周期は一般的に25日から38日で、卵胞期、排卵期、黄体期に分けられます。

重要なのは卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンで、卵胞ホルモンの分泌は排卵にかけてその量が急上昇し、排卵以降にはゆっくりと低下します。黄体ホルモンの分泌量は黄体期に一気に上昇して生理が始まると急激に減少します。
PMSの症状はこの黄体期にあらわれます。
そのため症状が起こる原因が女性ホルモンにあるとされるのですが、それ以外にも生理前の興奮状態にある子宮では虚血性貧血が起こっています。本来は脳へ供給されるはずの血液が子宮の周りに集まることで脳への血液供給が低下してしまうためにPMSの症状を起こしてしまいます。この場合は鉄分の正しい補給を行うことで改善することは可能です。

黄体期では黄体ホルモンがインスリンの働きを退化させてしまうので血糖値が上がり、体内でインスリンが過剰に分泌されます。そのため血糖値が急激に低下して低血糖を起こしますが反対に血糖値が下がりすぎると血糖値をあげるためのホルモンが過剰に分泌されることなどがPMSの原因となっているのです。
日ごろの食生活を見直して血糖値を安定させる意識を持つことで改善することができます。

PMSの原因を調べる女性