本文へスキップ

PMS(月経前症候群)の症状にはどんなものがある?

PMS(月経前症候群)の症状と改善方法

PMS(月経前症候群)の症状

PMSの症状は人により様々です。生理前に心や体に不調を感じる場合、それはPMSである可能性があります。

PMSの症状は精神的な不調と身体的不調があります。
主な精神的な不調は、イライラする、憂鬱な気分になる、泣きたくなる、落ち着かない、怒りっぽい、いつも張りつめた気分になる、家族や身近な人にあたる、情緒不安定になる、集中できないなどです。
主な身体的な不調は、乳房のはりや痛み、疲れやだるさ、肌あれ、頭痛、体重増加、腰痛、むくみ、眠気や不眠などです。

PMS 症状 イライラ


PMS(月経前症候群)の症状を和らげるためには?

PMSの症状を軽減するには、ライフスタイルの改善が必要です。
不規則な生活をしない、ストレスを溜め込まない、バランスのとれた食事をするなどです。
不規則な生活は、免疫力を低下させて体の不調や病気の原因にもなります。バランスのよい食事は体重増加やむくみ、乳房痛などが緩和されることが期待できます。食事に問題があるとPMSを悪化させることもあります。

また、アルコールや塩分、カフェインの摂取を控えることも必要です。これらはイライラやむくみ、緊張感などを高める作用があります。有酸素運動もPMSを和らげます。
PMSの状態をスケジュール帳などにつけることも改善のひとつの方法です。不快な症状がある時期に気付くことができるため、仕事を調整したり、自分の生活を変えたりすることができ、自分にあった対策を考えることができます。

タバコ カフェイン 禁止

色々な対策を実践してもPMSが辛くなるようなことがある場合は、医師に相談することも大切なことです。医師に相談することで適切な治療を受けることも可能になります。