本文へスキップ

PMS(月経前症候群)を漢方薬で治す

漢方薬でPMS(月経前症候群)を緩和しよう

漢方薬でPMS(月経前症候群)を緩和しよう

女性にとって生理にまつわる悩みは多くつきまとうものですが、生理中のみならず生理が来る前から不快な症状に悩まされている女性も増えてきています。

生理前症候群、PMSと呼ばれる生理前のイライラなどといった精神症状から、頭痛、腹痛などの身体症状まで、あらゆる不快症状の緩和に利用されているのが漢方薬です。実際にPMSの症状を訴えて婦人科を受診しますと漢方薬を処方されることもあるように一般的な治療で用いられていますが、通院することが困難な場合はドラッグストアでも取り扱いがあるので自分で買い求めることもできます。またネットでの通販もされているので探してみるといいでしょう。

PMS症状を緩和するとひと口に言っても、その症状には様々なものがあり、漢方も自分のタイプに合ったものを選ぶ必要があります。漢方薬は東洋医学に基づき、ホルモンバランスが悪い人向けのものや血の巡りが悪い人向けのものなどたくさんの種類があり、必ず自分に合ったものが見つかるはずです。
しかしそれを見極めるのはなかなか難しいものです。いちいちいろいろな漢方を試してみるのもほぼ不可能かと思います。なのでまずは婦人科を受診し医師に相談してみてください。
必要であれば検査を行い、より自分に合った漢方を処方してもらえることと思います。また市販のものを自分で購入するよりも保険適用で処方される病院の漢方のほうが診察費用を含めても安い場合が多いので費用面でもそのほうが安心です。