本文へスキップ

PMS(月経前症候群)と低用量ピルの関係

PMS(月経前症候群)と低用量ピル

PMS(月経前症候群)と低用量ピル

PMS(月経前症候群)は、月経が起こる前に体や精神になんらかの不調を来す症状です。その不調が人によっては重いため、ならんかの治療が必要になるかもしれません。

PMSの治療で、使われるのが低用量ピルという薬です。ピルは、その中に含まれた女性ホルモンの働きを持って、擬似妊娠すなわち妊娠していると体に錯覚させることで、排卵を抑制し避妊をするための薬です。決められた服用方法に従って飲めば、ほぼ100%の避妊を行う事ができます。
これをPMSの時に飲むと、なぜ症状を軽減できるのかというと、PMSが引き起こされるのは、ホルモンバランスの乱れが原因であると考えられています。そこでピルを飲むことで、ホルモンは一定のバランスを保つことが出来、痛みなどの諸症状を抑えることが可能なのです。

低用量ピル

低用量ピルを入手するためには、病院で処方してもらうのが最も安全です。病院ではほとんどの産婦人科で取り扱っている薬ですから、確実に手に入れることができます。
それ以外の方法では、例えばインターネットなどを用いて、海外から個人輸入するという方法があります。海外でも個人輸入代行業者が増えていますから、言語や為替の問題はないので、比較的容易に手に入ります。しかしながら、処方された薬と同じように見えていても、個人輸入された製品は安全性が同じである保証はありません。個人の判断で飲んだ場合には、医師のフォローを迅速に行えませんから、安全のためには処方されたものを飲むことです。