本文へスキップ

PMS(月経前症候群)に効果がある市販薬が増えています

PMS(月経前症候群)と市販薬

PMS(月経前症候群)と市販薬

生理の前になると、様々な不快な症状を感じるという女性は少なくありません。

女性は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2種類の女性ホルモンが体の中で作られています。
これら女性ホルモンの分泌バランスが、変化する事によって女性は毎月生理がやってくるのです。
卵胞ホルモンの分泌がピークになると、排卵を起こし、その後黄体ホルモンの分泌が増加します。
黄体ホルモンは子宮内膜を厚くするなど、妊娠しやすい体作りをしてくれる女性ホルモンです。

女性にとっては必要な女性ホルモンバランスの変化ですが、体質によってはホルモンバランスが変わる事で、体に様々な症状を引き起こします。
イライラする、強い不安感を感じるといった精神的な症状の他に、頭痛や腹痛、過食や不眠といった身体的症状も起こります。生理前にこのような症状を引き起こす病気として、PMS「月経前症候群」が挙げられます。PMSは辛い症状が引き起こされる為、悩んでいる女性は少なくありません。

今まではピルなどでPMSを治療するケースがほとんどでしたが、最近症状を緩和する医薬品認定を受けている、市販薬が発売されるようになり、PMSに悩んでいる女性をサポートしています。
市販薬には「チェストベリー」から抽出されたエキスが配合されており、このエキスがPMS改善に有効と言われています。チェストベリーには女性ホルモンのバランスを整える作用があり、西洋ではPMSをはじめとする、婦人科系の病気治療に用いられてきました。
薬局で購入できる為、忙しい方でも市販薬であれば試しやすいでしょう。

笑顔の女性